ツーショットダイヤルでSMプレイを楽しもう


日本は、変態の文化なんて言葉もある通りある種、セックスなどの性的な趣向の幅広さと言えば世界一ではないでしょうか。
さて、しかしあまりにも多様化している性趣向のせいで変態プレイなどの趣味が合致する人を見つけるのは中々難しくなって来ていますね。
しかし、それを補うのが所謂通信を媒体にした出会いを求める物ですね。
ツーショットダイヤルや出会い系サイトなどがこれに該当するわけですが、それを利用することで自分と同じ趣味の人を見つけるのは勿論、そういう人と出会い変態なプレイを楽しんだりすることもできるのです。

変態趣味を共有する仲間はツーショットダイヤルで

SMプレイを始めとした数々の変態プレイを求めるには同じ趣味かその趣味に理解のあるパートナーがいなければ難しいですね。
しかし、ツーショットダイヤルはそう言った同じ趣味や趣味に理解のある相手をとても探しやすいのです。
なぜかというと、ツーショットダイヤルは不特定多数の人とつながることができるのは勿論、SMプレイ専用や変態プレイ専用と言ったようなマニアックな出会いを求める人たち専用のチャンネルという物があるのです。
ここを使えば、登録している人はみんなSMのような趣味や変態趣味を持っている人しかいないので簡単に自分と同じ趣味の人たちとつながることができるのです。
勿論、趣味がある程度被っているのであれば話も弾みますし何より趣味が合う人というのは相手も探しているわけですから、つながることさえできれば出会いに持っていくのはそれほど難しいことはありません。
私自身も、SMプレイの中でもソフトSMのようなプレイが好きなのですが中々趣味が合う人がおらず思い切ってツーショットダイヤルを登録利用してみたのですが、それであっさりと相手を見つけることができました。

ツーショットチャンネルで知り合った変態趣味仲間

私は、どちらかと言えばSな傾向にあるので、それに対応するソフトMな女性を探していたのですが、実は日本人は男女問わずMの方が多かったりするんですね。
なので、S側というのは結構貴重らしくかなり食いつきがよかったんです。
その相手ともすぐにつながって、お互いに電話で自己紹介をしたのですが声の感じはちょっとロリっぽい雰囲気の子で、甘えた感じの声の出し方が好みでイジメ甲斐がありそうだというのが最初の印象でした。
まずは、お互いにテレフォンセックスで相性を確かめようということになったのですが私はいわゆる言葉責めが好きなタイプでその趣味はテレフォンセックスでも満たすことができたのはとても満足でした。
言葉責めと言っても、相手を罵るような物ではなく例えば性的な刺激を相手に意識させるような卑猥な言葉や相手のいやらしさだとかスケベさを意識させるような言葉を囁くようにかけてあげると、大袈裟なくらいに興奮して声をあげてくれるのが此方もかなり興奮しました。
相手の喜び具合や、恥ずかしがりながらも感じているのを隠しきれないような様子は、私としても言葉責めをするのがとても楽しく相性もいい感じだったので実際に会ってみることにしました。

実際に会ってSMセックス

SMプレイ

そして、実際に待ち合わせをしてホテルでテレフォンセックスをしていた時のようなSMプレイをすることにしました。

彼女の持参した愛用のロープを使い膝を開かせガニ股M字開脚状態で固定してマンコを丸見えにしてあげると彼女は顔を真っ赤にしていながらもマンコをヒクヒクさせ、マン汁をとろっとろにこぼして明らかに興奮しているのが丸わかり、たっぷり恥ずかしいのを自覚させるような言葉を囁きかけながら手マンとクリいじりを時間をかけて仕込むようにしてあげるとだけもう口が閉まらないくらいに感じてしまって、これは本当に仕込み甲斐のある女の子だと非常に興奮しっぱなしでした。

そして、セックスの際には彼女に自分の状態を卑猥な言葉で実況させ、言葉が出なくなるとピストンを止めるというじらしプレイまで実行しました。

最初は恥ずかしがって言葉につっかえ、或いは感じすぎて言葉が出なくなってを繰り返しそのたびにピストンを止めるというじらしプレイに後半は半狂乱になったように下品な言葉を躊躇いなく使いだすというその調教が浸透していくプレイに非常に興奮しました。
お互いに満足し、かなりハマってそのままSMプレイを楽しむセフレとして非常に長い付き合いをしています。

同じ性癖を持つ異性が探しやすい

同じ性癖の男女

こうした、趣味の合致や趣向の合致というのは実はセックスにおいては最も重要なファクターです。
むしろ、容姿の好みがそこまであっていなくてもセックスの趣向さえっていれば実はセフレとしては長続きしやすかったりしますからね。

自分の性癖全開のセックスをするにはやっぱりツーショットダイヤルを使って、最初から同じ性癖や趣味を持つ人だけにターゲットを絞って探した方がずっと探し当てるまでが簡単だし何よりプレイが楽しいですね。